ようこそ ゲスト様

琉球新報STORE

  • 首里城地下 第32軍司令部壕
  • 首里城地下 第32軍司令部壕
首里城の地下にあった第32軍司令部壕はどうなっているのだろう。
牛島満司令官の孫が、会ったことのない祖父の姿を追いながら、沖縄県内を訪ね歩く。
さらに、6月23日の沖縄慰霊の日が祖父の自決した日となっている「定説」へ疑問、その疑問「自決日のナゾ」を調べる経緯を一つの切り口にして、過去の沖縄県、那覇市の司令部壕調査の報告書や、占領直後の米軍資料などを丹念に解読して、首里城の復興・再建が注目される中、巨大な第32軍首里司令部地下壕を、過去の戦争を学ぶ戦争遺跡としての保存・公開を途中経過として提案する。

著者は現在、学校や市民対象に「牛島満と沖縄戦」を中心に、沖縄修学旅行事前・事後学習支援アドバイザーなどの講師や平和ガイドを務めている。

商品番号:3000700215

¥1,650(税込)

※この商品のご購入は、クレジットカード、銀行振込、代金引換、コンビニ決済、ペイジー決済のみとなります。
  
在庫あり
お気に入りに入れる
2021年12月15日発行 高文研
ISBN978-4-87498-778-0
牛島貞満 著
四六判 160頁
このページの先頭へ