ようこそ ゲスト様

琉球新報STORE

  • 「沖縄人スパイ説」を砕く
  • 「沖縄人スパイ説」を砕く
沖縄戦のさなか日本軍が流した「沖縄人スパイ説」。
今なお消え去らぬデマゴギーを、徹底検証して打ち砕く!

県民の四人に一人が犠牲となった沖縄戦から75年。本土決戦への時間稼ぎとして防衛隊、学徒隊、青年義勇隊など沖縄の住民が根こそぎ前線へ動員された極限の地上戦。敗走を繰り返す中、「沖縄人がスパイを働いたから友軍は負けた」-と、日本軍が流した「沖縄人スパイ説」。敗戦の責任を罪もない住民に転嫁しようとしたデマは現在も消えることはなく、沖縄の人たちを傷つけ苦しめています。
本書は、現在も多くの「犠牲」を強いられている沖縄県民に向けられたその汚名(悲劇、差別)を晴らし、沖縄県民の名誉のためにも、「沖縄人スパイ説」の真相を、戦争の記憶を胸に刻む最後の世代といえる沖縄戦研究者・作家の大城さんが検証し、打ち砕きます。

商品番号:3000700166

¥1,400(税抜き)

14ポイント還元

  
在庫あり
お気に入りに入れる
2020年6月発行 高文研
ISBN978-4-87498-726-1
大城将保 著
四六判 142頁
このページの先頭へ