ようこそ ゲスト様

琉球新報STORE

  • 新釈 宮古島旧記
  • 新釈 宮古島旧記
昔ー宮古は”武の島”、八重山は”歌の島”といわれた。
”武の島”では、群雄割拠し、血なまぐさい争乱が相次いだ。波乱万丈、時にはいささか荒唐無稽な、また神話的な物語などが、「旧記」を彩っている。
これらの物語は宮古島ではお馴染みであるが、それ以外にはあまり知られず、すでに”古典的”な「宮古史伝」や「宮古島庶民史」などは目に触れることも少なくなっていようし、表現なども難しく若い人たちには親しみにくいと思われる。そこで改めて「旧記」の世界をもう少しわかりやすく紹介したいと考え、本稿を起こしたしだいである(著者)。

商品番号:3000700121

¥1,500(税抜き)

15ポイント還元

  
在庫あり
お気に入りに入れる
2018年3月発行 新星出版
ISBN978-4-909366-05-4
与並岳生著
四六判 292頁

関連商品

このページの先頭へ