ようこそ ゲスト様

琉球新報STORE

  • 診療雑感
  • 診療雑感
病弱だった少年は、シュバイツァーに憧れ「優秀な医者というより、良い医者になろう」と思った。
「病気を見るというより、その人・患者自身を診たい」と思っている。その志は国境を越えても変わらない。
更に、「愛する父母を見るように、いとおしい妻を、我が子を診るように、あなたを診たい」と言われたら
フトゥフトゥーしますよ。現代の赤ひげが沖縄にいることが、うちなーんちゅであることが嬉し誇らしの一冊です。

商品番号:3000200016

¥925(税抜き)

9ポイント還元

在庫あり
お気に入りに入れる
2014年12月発行 新星出版
ISBN978-4-905192-58-9
西平守樹著
新書判 203頁

このページの先頭へ