ようこそ ゲスト様

琉球新報STORE

  • 王都首里見て歩き
  • 王都首里見て歩き
琉球の王都・首里には、豊かな湧水がもたらす平和で静寂な佇まいがあった。城の東方(首里三箇)では泡盛、北方と西方は琉球和紙、南方は豆腐とモヤシが作られた。史跡や拝所を訪ね歩く人の姿は今なお絶えないが、古参の住人にもそれらの在処や由来はあまり知られていない。本書は2006年に首里公民館で開かれた市民講座「古都首里再発見」の修了生による古都首里探訪会が、150回もの踏査に基づいて史跡やスージグヮー(路地)の解説、現在の地図を収録した充実の一冊。

商品番号:3000100007

¥1,500(税抜き)

15ポイント還元

在庫なし
お気に入りに入れる
2016年3月発行 新星出版
ISBN978-4-905192-78-7
古都首里探訪会 編著
A5判 224頁(オールカラー)

このページの先頭へ